レース長袖のウェディングドレス


オフの総レース身頃と

レース刺繍チュールスカート





「 金髪と黒いブーツにも似合うオーソドックス 〜フォーマルさと繊細さの〜 」



Nagisaさんの、本仮縫いフィッティングで。
オフの総レース身頃とレース刺繍チュールスカート。



ひなぎくの定番ドレスに合わせて、
シンプルに無地のチュールのフェイスヴェールを二重にかけて。

レース長袖のウェディングドレス

身頃のレースが透けて、寧ろ、



花嫁ご自身の存在感が強まります。




内側のショート丈ヴェールに、
ダーツを取って、お顔に沿うようなパターンに。
ちょっとだけ綿帽子風。



外側のヴェールを下げていても、上げていても、
絵になるスタイルの、チュールヴェールです。



本生地をしつけ縫いして、フィッティングするのが、
本仮縫いです。通常、Fit1と呼んでいます。



「ヴィンテージのドレスを見たけれど、
 袖周辺のラインが大きくて嫌だったの」とNagisaさん。



繊細なレースを1mm単位で
お体に沿わせてフィッティングすることで出来上がる、



繊細なレース生地の、お体に吸い付くような、パターンライン。



キャサリン妃とはちょうど反対に、
背中がV字に開いているタイプのレース身頃です。

レース長袖2、ウェディングドレス

レースのV字は前開きにも出来ますし、
前後とも開いているようにも、前後とも開かないようにも、
同価格ラインでおつくりすることが出来ます。



レース身頃とビスチェとを、取り外し可能な仕立てにも出来ます。



レース刺繍チュールの上に、無地のチュールも、
幾重にも重ねてつくられたスカートですので、
シンプルなサテンシルクビスチェにも似合います。



Nagisaさんは、ビスチェに合わせてご用意された、
銀の、カッコいいチョーカーNCを付けられるご予定です。



髪は金色に染めるおつもりと、当初よりお伺いしてきてのドレスづくり。
オーソドックスなデザインゆえ、金髪もとてもよく似合われていました。



靴は、黒のブーツを合わせられます。
白の王道ドレスだからこそ、生きる組み合わせ。



Nagisaさんが片方にだけ付けてこられた
星型イヤリングも、黒レース柄でした。







→Next Page






→Nagisa様挙式当日のお写真へ





→ウェディングドレス ひなぎく