IT技術とオートクチュール





ドレスをお体にジャストフィットさせる、
アトリエとしての作業をお伝えします。

人間の体は一人ひとり違います。
お顔が一人ひとり異なり、
一人ひとり異なったコーディネートが必要なように、
服も元来は、一人ひとり全く違う型紙が必要です。



つるしの洋服でそれが問題にならないのは、
それらの服が体に密着しておらず、
十分なゆとりがあるためです。



例えば昔のドレスのように、
体のラインが出てしまうようなドレスでは、
(この女性、皇妃エリーザベートのような人の場合)
仕立屋が彼女の体と全く同じサイズのボディーを作り、
仮縫いで仕立てた服をそれに着せて、
服を作ってゆきました。
そうしなければ体に密着したラインは製作できません。



もっとも顧客一人ひとりのボディーを作るのは、
大変な手間とコストがかかります。
王族か、大富豪でなければ、
今日ではやっている人々は居ません。



当店では、低コストでそれを達成するために、
パソコンの中に、
お客様一人ひとりのボディーを作っています。
お客様の体を採寸し、
写真で撮影もし、
お客様の体と同じボディーを、
パソコンソフトで製作します。



このボディーの表面を覆う布が、
お客様にからだにぴったり密着する、
ドレスの型紙になります。

もちろん、撮影や採寸でわかるのは、
「気をつけ」の姿勢のサイズだけでして、
実際には人間は動きます。



ですから仮縫い
(シーチングという安い生地でサイズの確認をする作業)は、
欠かせません。



膨張感の無いドレス姿、
体に密着したラインを達成するのは、
今日でも手間はある程度かかります。

それでもテクノロジーの進歩のおかげで、
昔の王侯貴族のようなことが、
簡単にできるようになったのは、
有り難いことですね。















→Next Page







→Indexへ